2016年12月9日(金)

「冒険の森へ」編集者の私的解説 vol.58
五味康祐「柳生連也斎」

 

Black oriental martial arts warrior winter training

  この「忍者と剣客」に収録された二長編のいずれにも柳生宗矩が登場する。
  剣豪にして大名、隠密にして暗殺者、江戸柳生と尾張柳生、などといくつもの顔を持つ集団であって、小説家、劇画・漫画家、映画・テレビ人たちの心をつかむ存在なのであろう。
  私は書誌学の知識はないのだが、「柳生」を初めてメジャーに押し上げたのは、五味康祐の「柳生武芸帖」ではなかろうか。何度も読んでいるが、難解の上に未完なのだけど、実に面白い。週刊誌連載がウケているのでどんどん話を拡げていって収拾がつかずにやめちゃった、としても面白いものは面白い。
  映画「柳生武芸帖」の試写を見た五味先生、「そうか。こういう話だったのか」と言ったとか。大物は発言ひとつでウケを取るのだ。
  柳生ものはそのあと、小池朝雄「子連れ狼」、隆慶一郎の諸作と柳生ものは連綿と続いてきて、さらに今は荒山徹がいい。
  陰険な手段を使い続けて大名にはなったが、そのために剣が弱くなったのが江戸柳生。始祖にあたる石舟斎の印可を受けて現在まで連綿と剣を研き続けたのが尾張柳生。そういうことに、もろもろの小説・劇画のなかではなっている。
  その尾張柳生で、最強とも言われたのが連也斎厳包である。父の兵庫介利厳は、あの十兵衛三厳の従兄弟、石舟斎の孫である。
  その連也斎の勝つか負けるかの大勝負を書いたのが、この短編である。作者は言わずとしれた五味康祐。短編だから未完ではない。
  才能と師に恵まれ、研磨の日々を続け、その日の状態も最高、という者同士が闘った場合、勝つのはどちらか?
  その答えがこの作品のなかにある。